プロバイダーサービスTOP 接続サービス オプションサービス キャンペーン サイトマップ

アナウンス 各種手続き 設定マニュアル 技術情報 FAQ お問い合わせ窓口
プロバイダーサービスTOP > 会員サポート > 技術情報 > その他 > 落雷対策について


設定マニュアル[インターネット接続設定]

ベストエフォートとは

光ファイバー、ADSL、モバイルサービス等は「ベストエフォート型」と呼ばれるサービスです。
「ベストエフォート」は、お客様のご利用状況により、性能や品質が変化するタイプのサービスに対して使われます。

光ファイバー、ADSL、モバイルサービス等は、理論上の最大通信速度を「ベストエフォート」として表示していますが、ご利用時の通信速度としてその速度を保証するものではありません。

通信速度の妨げになる要因

光ファイバー ADSL

通信速度が遅くなる要因は?

光ファイバーは、「共有型」と呼ばれる構成となっております。
「共有型」とは、NTT収容局からご自宅等のサービスご利用場所までの間に分岐ポイントを設け、この分岐ポイントを他のお客様と共有するもので、他のお客様のご利用状況の影響により、通信速度が低下する場合があります。
また、マンションサービスではVDSL方式のように、光ファイバーをマンションまで引いているものの、各戸で共有の光ファイバーを利用しているため、マンション内でのネットワークの混雑なども通信速度低下の要因となります。

ADSLの場合、NTT収容局までの距離、電話回線の太さ、分岐の数により電気信号の損失が発生することがあり、この電気信号の損失により、通信速度が低下する場合があります。
また、線路の近く等電気信号の損失が起こりうる場所でのご利用の場合も電気信号の損失が発生することがあります。

モバイルサービス

通信速度が遅くなる要因は?

モバイルサービスは、建物の中・地下・トンネルなど電波の届かないところ、屋外であっても電波の弱いところでは、通信速度が低下する場合またはサービス自体をご利用いただけない場合があります。 その他にも、放送局や電子レンジなどの電気製品が通信速度に影響を及ぼすことがあります。 また、モバイル基地局を複数のお客様で利用されるため、多数のお客様のご利用によるモバイル基地局の混雑等が通信速度低下につながることがあります。

その他

上記以外にも、お客様のパソコンやネットワーク機器の性能、インターネットの混み具合、また通信先のサーバーの性能、レスポンス等も通信速度の低下の原因となる場合があります。



コピーライト表記 個人情報保護免責条項利用規約