利用規約

スマートフォン画面修理サービス規約

2018年1月29日
株式会社ドリーム・トレイン・インターネット

第1条(規約の適用)
当社は、「スマートフォン画面修理サービス規約オプション規約」(以下、「本オプション規約」といいます。)を定め、本オプション規約によりスマートフォン画面修理サービス規約(以下、「修理サービス」といいます。)を提供します。
2 用語の定義及び本オプション規約に記載のない事項はDTI SIMサービス利用規約(以下、「本規約」といいます。)に則るものとし、本オプション規約と本規約が抵触する場合は本オプション規約が優先するものとします。
第2条(サービス内容)
修理サービスは、DTI SIMサービス(以下、「本サービス」といいます。)のオプションサービスとして提供するものであり、会員は修理サービスを利用することにより、当社が定める基準および料金でスマートフォンの画面修理ができるサービスです。なお、端末の状態・状況によっては、当社の提供する修理サービスに基づく修理等の処置ができない場合があります。
2 1つの本サービスに対して1つ修理サービスの申し込みが必要なものとします。複数の本サービス契約がある場合であっても、1つの修理サービスを複数の本サービスに適用することは出来ないものとします。
3 修理サービスは、利用開始日を1日目として1年以内に1回を上限に利用することができます。
4 修理サービスの対象となる故障は、当社所定のスマートフォンの画面割れに限るものとします。会員がそれ以外の修理、または、修理サービスの上限回数を超えて第3条に定める当社の委託先店舗において修理等を依頼する場合、当該依頼部分について会員と委託先との間で新たに契約が成立するものとし、新たに契約が成立した部分について、当社はなんら関与をせず責任を負いません。
第3条(第三者への委託)
当社は修理サービスの提供に必要な範囲で、修理業務およびそれに付随する業務をiCracked Japan株式会社(以下、「iCracked」といいます。)に委託するものとします。
第4条(端末登録)
会員は、当社所定の方法により修理サービスの対象とするスマートフォンの製造番号(以下、「IMEI」といいます。)を修理サービス利用前に登録する必要があります。
2 会員は、前項に基づきIMEIを登録した端末(以下、「登録端末」といいます。)についてのみ、修理サービスを利用することができます。
3 IMEIを登録できるスマートフォンの対象機種は当社所定の端末に限られ、1つの修理サービスに対して登録できるIMEIは1つです。
4 会員は、機種変更等により登録端末の変更を希望する場合、速やかに当社所定の方法で登録端末の変更を行うものとします。会員が登録端末の変更を行わなかった、または、遅滞したことにより修理サービスを利用できない場合でも当社は責任を負いません。
第5条(保証開始日)
修理サービスは、第4条に基づくIMEI登録日を1日目として11日目より利用可能です。IMEI登録日を1日目として10日目までは修理サービスの対象外となります。
第6条(修理サービスの利用手続)
修理サービスは、iCrackedが運営するiCracked各店舗にて実施するものとし、会員は修理サービスを利用する場合、登録端末を店舗に持参し、自己のIDを通知する必要があります。
2 修理サービスの実施において、会員は、所定の修理申込書を(不備や漏れ、その他の瑕疵なく)記入するものとします。このとき、申込書の記入にあたって会員は、本オプション規約の内容およびiCrackedが定める規約に準じて修理サービスが提供されることにあらかじめ了解し同意をした上で、記入するものとします。なお、当社が、次の各号のいずれかに該当すると判断した場合には、修理申込書の受領を拒むことがあり、当社は、受領を拒絶する場合に、その理由の提示や説明をする義務は負わないものとします。
(1)会員が提出又は提供した情報、資料等について、虚偽の記載、誤記、不備がある場合
(2)会員による本オプション規約等に違反する行為が行われ、又はその他不正な目的で修理サービスを利用するおそれがあると判断される場合
(3)会員が暴力団員、暴力団、その他の反社会的勢力(これに準ずる者を含みます。)と関連を有したことがあり、又は関連を有している場合
(4)その他当社が不適当と判断した場合
3 当社が登録端末の状態を確認する前段階として、以下各号に定めるとおり、会員は、登録端末の設定等を行うものとします(なお、iCracked各店舗にて、会員へ再度案内する場合があります。)。
(1) バックアップ
会員の必要とするデータ(アプリの登録情報等を含みます)のバックアップは、会員の責任において事前に会員自身にてバックアップ等のデータ保護の対応を行うものとし、当社は、修理に当たり登録端末のデータ変化・消失等に関して一切の責任を負わないものとします。また、当社は、登録端末内のデータについての複製・バックアップや復元作業等は一切行いません。
(2) セキュリティの解除
会員は、登録端末に、暗証番号・PINロックを設定指定している場合、設定を初期化してから、修理サービスを利用するものとします。また、会員は、携帯電話会社その他各社のセキュリティーサービス(おまかせロックサービス、ケータイ保証お届けサービス、安心保証パックを含みます。)等に加入している場合、当該セキュリティを解除してから修理サービスを利用するものとします。会員がセキュリティ等を解除しない場合でも、修理自体は可能ですが、最小限の動作確認のみとなるため、動作確認ができないことにより修理を必要とする箇所が発見できない場合があり、それらに関連する箇所に対する修理に関して、当社は一切の保証をしません。
(3) アクセサリ等の付属品の取り外し
会員が登録端末付属のカバー、ストラップ、画面保護シート(これらに限らず、登録端末に付属するアクセサリ等一切をいい、総称して「アクセサリ等」といいます。)について、会員は、可能な限り取り外した上で、修理サービスを利用するものとします。当社において、修理サービスの提供に関しアクセサリ等を取り外す場合があります。なお、当社がアクセサリ等を取り外した場合、その紛失・盗難・破損その他一切の事由につき、当社は、アクセサリ等の代品の用意等を含め責任を負わないものとします。
4 当社は、登録端末の状態を確認する際、2項に基づき会員が記入した修理前チェックシート等により、登録端末の状態を確認致します。このとき、当社の定める修理基準(端末状態等の確認・修理対象・対象外端末の審査、修理作業に要する概算時間等を含みます。)及び修理料金表に基づき査定を行い、修理の可否・修理料金の概算お見積り金額を、会員へ通知するものとします。なお、当社が、査定結果において提示した修理料金・修理時間は、概算であること、及び修理料金増額・修理時間の延長等の対応がされることについて、会員は了承した上、次項の申し込みをするものとします。
5 前項の査定結果(修理料金等)について会員が了承した場合、その旨を表示するため、当社指定の書面に会員の氏名の署名するものとし、会員が署名をした時点で、修理サービスに係る登録端末の修理サービスへの申し込みがされたものとします。これに対して、当社が承諾することを以って、会員と当社との間で修理サービス契約が成立したものとします。
6 修理に際して、会員の登録端末内の不具合部品の交換を要する場合、会員は不具合部品に関して、その所有権を放棄することを前項の署名時点において承諾したものとします。なお、当該登録端末から取り外された不具合部品に関しては、リユース(故障事由の分析や再生、利用又は廃棄等を含み、これに限りません。)致します。
7 当社の定める修理作業が実施された後の登録端末にについて、会員は提供された修理内容が記載された当社所定の修理報告書の内容を確認の上これに署名するものとし、修理サービス利用料金を当社指定の支払方法により支払うものとし、料金支払後、当社は、会員に対して登録端末を返却するものとします。当社は、当該返却をもって、会員に対する修理サービスの提供が完了したものとします。なお、修理に要した交換部品の所有権は、当該料金の支払いを以って、会員に移転するものとします。
8 本条第5項の申込後、その翌日から起算して30日以内に会員が前項料金の支払いをしない場合、又は、その翌日から起算して30日以上会員と連絡がつかず登録端末が、会員が登録端末を持ち込んだiCracked各店舗に放置された場合、当社は登録端末を自己の判断により、処分できるものとします。なお、当社が登録端末を処分する場合には、登録端末のデータ初期化を行うものとします。
第7条(修理サービス対象外)
会員の提示した登録端末が次の各号のいずれかに該当する場合、当社は、修理サービスの提供をしないものとします。
(1) 登録端末の製造番号(IMEI)が確認できない場合
(2) 法令に反する修理が必要とされる、又は、当該修理が必要とされる可能性があると当社が判断した場合
(3) 登録端末が水没したものである場合(水濡れマークに変色がみられるものを含みます。)
(4) 登録端末が不正契約、不正入手されたものである場合(詐取、窃取された端末を含みます。)、また当社がその可能性が有ると判断した場合
(5) 登録端末が不正改造されている場合(root権の取得、iOSに対するJailbreak(ユーザー権限の制限を取り除きソフトウェアを動作させる等をいう。)、OSを不正に非サポートのものへの入替をすること等。)
(6) 登録端末が日本国内で使用できない場合(他国キャリアのロックがかかっている端末、特殊な充電器を要する端末等を含みます。)
(7) 登録端末のフレームや筐体の損傷が当社の定める修理基準の範囲を著しく超えている場合
(8)本オプション申込時に既に登録端末の画面が割れている等故障している場合
(9)本オプション契約者以外がiCracked各店に来店した場合
(10) その他、当社の定める修理基準に満たない場合
第8条(キャンセル)
本オプション規約第6条第5項に定める修理サービス契約成立後、当社は、会員による当該修理依頼のキャンセルはいかなる理由があっても、受付けません。
第9条(修理サービスの利用の原則及び了解事項等)
会員は、修理サービスの提供にあたり、スマートフォンの分解等の修理作業を経ることで、登録端末は、Apple Inc.のメーカー保証の対象外となりますこと、あらかじめ了承した上で、修理サービスに申し込むものとします。
2 会員は、本オプション規約を遵守して、修理サービスを利用するものとします。
3 本オプション規約第6条第4項に定める修理サービス契約締結後の当社の修理対応時において、本オプション規約第7条に定める修理対象外端末と判明した場合、当社は、会員に対して、修理サービスを提供しないものとします。
4 当社による修理作業の後、修理後の登録端末の法定規格の充足確認のため、電波測定(無線特性検査・無線測定試験等を含みます。)を行いますが、その結果によっては、再度修理作業を実施させていただく場合があります。なお、再修理作業後の電波測定の結果によっては、当該規格での登録端末の利用ができなくなる場合がありますので、この点、会員は、あらかじめ了承するものとします。
5 会員が、本オプション規約に違反したことにより、当社に損害が生じ又はそのおそれがある場合には、会員は、当社の損害の未然の防止のため又は損害の拡大防止のために当社の指定又は請求する適切な措置を講じるとともに、当社が被った一切の損害を賠償するものとします。なお、会員は、本オプション契約終了後においても、当該損害賠償の責を免れることはできないものとします。
6 会員は、修理サービスの利用に伴って第三者に対して損害を与えた場合、又は第三者からクレーム等の請求がなされた場合、自己の責任と費用でもって処理、解決するものとし、当社に一切の負担を負わせないこととします。会員が修理サービスの利用に伴い、第三者から損害を被った場合、又は第三者に対してクレーム等の請求を行う場合においても同様とします。
7 会員は、本オプション規約等に違反し、又は、修理サービスの利用との関連で、当社に損害を与えた場合、当社が被った一切の損害(逸失利益、訴訟費用、弁護士費用を含みますが、これらに限られません。)を賠償する義務を負います。
8 修理サービスに関する著作権、特許権、その他の知的財産権、所有権その他の一切の権利(以下「知的財産権等」といいます。)は、当社又は当社の指定する者(iCracked 、iCracked Inc. 、当社の委託先会社を含み、以下「提携事業者」といいます。)に帰属します。会員は、修理サービスの利用にあたり、本オプション規約により明示的に認められる権利を除き、修理サービスに係る知的財産権等について何らかの権利を許諾されるものではなく、会員は、当該知的財産権等を侵害し、又はそのおそれのある行為をしてはならないものとします。
9 会員は、本オプション規約に基づき当社が会員に対して有する一切の債権について、当社が、第三者(以下「譲渡先)といいます。」に対して債権譲渡をするとき、当該債権譲渡に関する個別の通知又は承認の請求をしないことにつき承諾したものとします。なお、当該債権譲渡にあたり、当社が会員の個人情報を譲渡先に提供することにつき、会員はあらかじめ同意するものとします。
第10条(禁止事項)
会員は、修理サービスの利用に関し、以下の行為を行なってはならないものとします。
(1) 虚偽の内容を申請する行為
(2) 第三者になりすまして修理サービスを利用する行為
(3) 当社及びiCrackedの各店舗運営を妨げる行為、またはそのおそれがある行為
(4) 当社、iCrackedの各店舗、提携事業者又は第三者の著作権、財産権、プライバシー、その他一切の権利を侵害する行為、またはそのおそれがある行為
(5) 選挙活動、またはこれに類する行為、その他の政治及び宗教に関する行為
(6) 当社及びiCracked各店の信用を毀損する、またはそのおそれがある行為
(7) コンピューターウィルス等、有害なプログラムを当社またはiCrackedの各店に関連して、または通じて使用、もしくは提供・配布する行為
(8) 法令若しくは公序良俗に違反し、又は当社若しくは第三者に損害若しくは不利益を与える行為
(9) 犯罪に結びつき、又は結びつくおそれのある行為
(10) 第三者を差別若しくは誹謗中傷し、又はその名誉若しくは信用を毀損する行為
(11) 当社またはiCracked各店舗を使用した営業活動、営利を目的とした修理サービスの利用及びその準備を目的とした行為
(12) 修理のできない登録端末を集中的に持ち込む行為や同一の登録端末を不連続的に持ち込む行為
(13) 本オプション規約に違反又は抵触する行為
(14) 前各号のいずれかに該当する行為を助長すると当社が判断する行為
(15) その他、当社が別途禁止するないし不適当と判断する行為
第11条(免責等)
修理サービスの提供により、会員の登録端末がApple Inc.のメーカー保証の対象外となることについて、当社は、いかなる責任も負わないものとします。
2 当社の提供する修理サービスは、会員の登録端末の機能・性能を修復することを目的としており、会員の利用目的や機能・性能に関する特別のご要望等に合致する状態にすることを保証するものではありません。
3 本オプション規約第6条第4項に定める修理サービス契約成立後、登録端末に対する会員と第三者の紛争等に当社は一切の責任を負わないものとします。
4 会員が本オプション規約などに違反したことによって生じた損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
5 当社は、法令又は公的機関からの請求に基づく事由、又はその他当社に故意又は重大な過失がない事由については、当社は一切の責任を負わないものとします。
6 債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因の如何を問わず、修理サービス又は本オプション規約等に関し、当社が会員に対して負う損害賠償責任の範囲は、当社の故意又は重大な過失が直接の原因で会員に現実に発生した通常の損害に限定され、かつ、損害賠償の額の上限は、当該会員の被った実際の損害額にかかわらず、会員の支払った修理料金相当額を超えないものとします。なお、当社の故意又は重大な過失のない事由から生じた損害、当社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、及び逸失利益については、当社は一切の賠償責任を負わないものとします。
7 修理サービスの提供により生じる登録端末及びその部品等へのキズ等の部位損傷について、当社は一切の責任を負わないものとします。また、修理サービスの提供における登録端末の分解により、不具合が生じる可能性がありますが、当社は一切の責任を負わないものとします。
8 当社は、交換部品の品質について、純正品と同等の品質となることを保証しません。なお、当社は、当該交換部品に関しての3ヶ月以内の初期不良にのみ責任を負うものとします。ただし、修理後に発生した以下各号の事由については、当社は一切の責任を負わないものとし、再修理等を行わないものとします。
(1) 会員又は第三者の故意・過失を問わず、落下や衝撃、圧迫による不具合
(2) 会員又は第三者の故意により発生した不具合
(3) 壊れる可能性がある環境下にさらした等の会員又は第三者過失により発生した不具合
(4) 交換部品のみならず、端末筐体(外装)に物理的損傷が見られる場合の不具合(当該交換部品から派生する他の箇所に関する不具合を含みます。)
(5) 交換部品に関連のない不具合(以下記載のものを含みますが、これに限られません。)
・修理の前後を問わず、当社以外の法人又は個人(会員を含みます。)による修理等に起因する不具合
・水濡れ・水没に起因する不具合(水濡れ・水没の事故時点は修理の前後を問いません。)
・バッテリー等の消耗品の部品劣化に起因する不具合(修理の前後に発生していた/した劣化を含みます。)
・端末内の基盤に起因する不具合(基盤の障害時点は修理の前後を問いません。)
(6) 天災(地震、雷、風水害)火災などの外的要因によって生じた不具合
(7) 端末のメーカー起因の瑕疵によって生じた不具合
(8) 当社で取扱いが終了した修理部品を必要とする不具合
(9) 当社への不具合報告又は再修理依頼時に、虚偽の申告が見受けられる場合の不具合(虚偽の申告に基づいて修理等が行われていた場合にそれに関連する不具合も含みます。)
(10) 当社が交換部品の初期不良でないと判断した不具合
9 当社は修理サービスに係る登録端末内の情報等の保管、保存、バックアップ、同一性の維持に関し、本オプション規約に定める事項以外に何らの保証も行わず、当該情報等の変質、毀損、障害、滅失等について、何らの責任も負わないものとします。
10 当社は、会員に対する修理サービスの提供に関して必要となる業務の全部又は一部を当社の判断にて第三者に再委託することができ、会員はあらかじめこれを承諾するものとします。なお、修理サービスのうち、登録端末への修理に係る業務を除き、再委託先の業務に関するもので、再委託先の選任・監督につき当社に故意・重過失がない場合には、当社は一切の責任を負わないものとします。
11 登録端末の故障及び損傷の認定等について、当社と会員との間で見解の相違が発生した場合には当社は中立的な第三者の意見を求めることがあり、その意見は十分に尊重されるものとします。
第12条 (中止・中断等)
当社は、次の場合には、修理サービスの提供を中止することがあります。
(1) 当社の別途定める、修理サービス用設備保守指定時間の場合。
(2) 当社の修理サービス用設備の守上または工事上やむを得ない場合。
(3) その他当社が事業運営上必要とする場合。
2 通信回線や通信機器等の障害によるサービスの中断・遅滞・中止により生じた損害、その他当社のサービスに関して会員に生じた損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
3 サイバーテロ・自然災害・第三者による妨害等当社の責に帰すべき事由によらずに会員に発生した被害について、当社は一切の責任を負わないものとします(サイバーテロとは、コンピュータ・ネットワークを通じて各国の国防、治安などを始めとする各種分野のコンピュータ・システムに侵入し、データを破壊、改ざんするなどの手段で国家又は社会の重要な基盤を改ざんするなどの手段で国家又は社会の重要な基盤を機能不全に陥れるテロ行為をいいます。)。
第13条 (解約)
会員は、本サービスまたは修理サービスのいずれかの契約一方のみを単独で解約することはできません。会員が本サービスの解約を通知した場合、修理サービスも解約を申し入れたものと看做します。
附 則
この本オプション規約は、2018年1月29日から実施します。

以上

close